レイキヒーラー・セラピスト・サウンドクリエイター901の日常や、スピリチュアルな話題、サロンのお知らせ等を綴っていきます。


by 901clay

夏至の大浄化

ここのところBlogの更新間隔が空いてました^^; 
ちょっと前から始めたTwitterで気軽にちょこちょこ投稿できちゃうのが 更新頻度が下がっている理由の1つとしてもあったりもするのですが、もう1つ大きな理由は 夏至の前後にとても大きな過去世の浄化がありました。この経緯を書こうともしたのですが、今はまだ内側で変化が起きているプロセスの中にあると思うので うまくまとめられません。ですのでかいつまんで書くことにしますね023.gif

この過去世浄化で不思議なのが、以前の日記にも書いた脇のリンパの腫れが、大浄化のあった夏至の次の日あたりから小さくなってきていて、今は殆ど目立たなくなりました。
リンパに対応するホメオパシーレメディを飲み始めた頃は、飲むと少し引っ込むけれど お酒を飲むとまた元通りみたいな…一進一退だったのですけど。きっとこれも何か意味があったのだろうと思います。不思議ですね。

それからもう1つ、なくしていたオブシディアンが戻ってきた話も書いたと思いますが こちらもやっぱり今の展開を示唆していたのでした。ちゃんと意味があったんですね。
思えばリンパの記事を書いた後、ホメオパシーでもオブシディアンのレメディというものがあるのを見つけまして、飲み始めてから 少しづつ少しづつ記憶が上がってきまして…
※ 効果はググると出てきますが、ベースチャクラおよび全チャクラの浄化、虐待やトラウマの癒し、薬やアルコールの解毒などです。

しかもその記憶はネイティブ・アメリカンの時の記憶だったのですが、以前の記事に書いた 私の持っているスノーフレークオブシディアンは、別名「アパッチの涙」という、ネイティブ・アメリカンの部族に由来する名前がついていたそうで…本当にビンゴ!だったのでした。

ただあまりに辛く残酷な記憶だったので、上に上がってくるには 私の方の準備も必要だったんだと思います。
今までは 自分がネイティブ・アメリカンに関係しているなんて 思いもしませんでしたから…そのくらいに忘れ去ってました030.gif

この記憶を思い出すプロセスで、すごく深い部分に隠れていた悲しみや怒り、恨み、嘆き等の激しい負の感情を体験しました…一番鮮烈にでてきた時には 自分でもビックリするくらいに声をあげて、叫ぶように涙が出ましたよ042.gif
とても辛い体験だったのだなと思いますが、その体験もまた自分を強くしているのだから、無駄ではなかったのだとも思っています。時代もきっとそういう時代だったんですね。

この記憶を思い出す前は オブシディアンって何となく怖いような石とも感じていましたが、思い出してからは とても愛着を感じる石になりました032.gifもう怖くありません。
自分の中にある恐れも、1度対峙してみたら 案外とそんなものなんだと思います。

以下の曲は、私のネイティブ・アメリカンの時の記憶を引き出すトリガーとなった曲です。
個人的にはすごく大好きな曲になりました。

「Creek Mary`s Blood / Nightwish」
こちらの動画で笛と歌をされているネイディブアメリカンの方は、現役のラコタ族のミュージシャンだそうです。
バンドはフィンランドのバンドで、シンフォニック・メタルバンドとのこと。歌詞もバンマスの人が書いたみたいで フィンランド人なのに不思議だなと思いましたが、、やっぱり何か共鳴するものがあったのでしょうね。



Nightwishのアルバムも購入しましたが、この曲以外はもうちょっと歪んだギターが多用されており、ヘビーなんですがクラシカルで上品な雰囲気もある、不思議なサウンドでした。
1曲1曲に音が多用されていますので、アルバム1枚聴くと けっこうおなかいっぱいになります019.gif


で、歌詞の訳がないかなーと思って探してみましたが あまり出てこないので…
この曲を知るきっかけになった、ニコ動のゲームの動画も貼っておきます。途中からBGMで入ってきて、歌詞テロップも出てきます。
ていうか動画と音楽がすごく合っていて、最初は正規のBGMかと思ってしまいました;

ちなみにこのゲームも大好きなゲームです。MGS3を終わらせていない方はストーリーがわかってしまうので ネタバレ注意です。。
スネークかっこいいなあ。笑


[PR]
by 901clay | 2010-06-26 20:36 | スピリチュアル